夢党(一般社団法人MUTOU)は、国民の国民による国民のための政治を目指す

マニュフェスト

夢党(一般社団法人MUTOU)のマニュフェストはとてもシンプルです。

国民の国民による国民のための政治を目指す!

具体的には・・・

①国民が決める政治

②税金を国民のために適切に使う

【①国民が決める政治】なぜこのようなことを書くかと言えば、政治って国民の為にあると思うんです。だから、国民が決めるのは当然なんです。

しかし、現状は国民の民意を無視した法案が可決させることなど普通にあります。

おかしいとは思われませんか?

夢党(一般社団法人MUTOU)では、国民の世論調査と国民投票(重要法案)を適切に用いることにより国民の民意を反映していきたいと考えています。

そして、いろいろな法案等に関しても、国民の皆様からの意見窓口を設置し、国民が必要としている法律を制定します。

そして、ネット投票を導入したいと考えています。

理由は、できるだけ多くの人に政治に参加して欲しいからです。

【②税金を適切に使う】に関しては、みなさんも無駄な使われ方を感じていること多いと思います。 お金の問題についてですが、すべてにおけるお金の問題です。

まず、国の収支をきちんと把握し国民に伝えることが第一です。 現状では、一般会計は報道されていますが特別会計に関しては闇です。

調べたところ、特別会計の予算は一般会計の4倍だとも言われています。 しかし、これも”言われています”であって、わからないんです。

ちなみに、特別会計に関しては官僚が好き放題しているのが現状のようです。

まず、国の収入・支出・借金・貯金を明確にすることが一番です。

お金に関しては、上記は当然のことですが教育・社会保障・防衛などすべての支出に関して調査して見直しを行います。

(まあ、民主党政権下の”事業仕分け”をキチンと行うと考えてください)

あと、今日本は1000兆円超の借金があります。

(これも、実際どうなのかわかりませんが・・・)

日本の一般会計予算の10倍以上です。

ただ、私は割りと楽観的に考えています。

国の資産も調査してみないと詳しいことはわかりませんが、資産は売却していけばいいと思います。

極論ですが、国会議事堂も候補に入れていいと思います。別に、国会を東京の一等地でやる必要はありません。 あと、日本郵便などの民営化された会社の株式は、すべて売却し借金返済にあてればいいと思います。JRやJTなど結構あると思います。あと、まだ民営化できるものもあると思います。

最後に、これだけは絶対しなければなりません。

税制改革です。

これも、お金の一環だと考えています。

まず、法人税を払っているのは3割らしいです。

(法人住民税均等割りは全ての企業が払っています 7万円~)

節税って言葉聞かれたことがありますよね?

サラリーマンの方には無縁なことなのですが・・・

いつも思うんですが、節税=脱税 ではありません。

しかし、節税するかしないかで税金が変わること自体おかしいんです。まあ、ここにも業界との癒着がありそうなのですが。 あと、ボーナスを支給しても税金は払わない・・・とかおかしくないですか?

この辺は専門家の意見も参考にして検討したいです。




夢物語

夢党(一般社団法人MUTOU)は、中立の立場で日本の将来を考えて生きたいと考えています。

よって中立的な立場を維持するために企業・団体からの献金を一切禁止します。

夢物語として聞いていただければ、夢党(一般社団法人MUTOU)が政権をとる様なことがあれば、法律で全面禁止にします。

罰金は1億くらいが妥当かと、あと執行猶予なしの実刑 です。


スタッフ募集

私の考え方に共感していただける方のスタッフを募集しています。